ウェルスナビ – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

HARD THINGS① 既存の仕組み・規制といかに向き合うか?【F17-1D #2】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その2)は、既存の仕組み・規制との向き合い方について議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】「俺たちのHARD THINGS」-サバイバル・ベンチャー経営論【F17-1D #1】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その1)は予告編として、各登壇者をご紹介いたします。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】全自動で世界水準の資産運用を実現する「ウェルスナビ」

2017年5月31日〜6月2日まで配信しました 全自動で世界水準の資産運用を実現する「ウェルスナビ」 の全シリーズをまとめました。ぜひご覧いただければ。ウェルスナビ代表 柴山さんのインタビュー動画も合わせてご覧ください。
記事を読む

「モノづくりができる金融機関」ウェルスナビは次世代の金融インフラを創る【F17C-WNV #3】

ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その3)は、「モノづくりができる金融機関」と話すウェルスナビの組織と続々と開発する新機能についてお話いただきました。お釣りで資産運用ができるアプリ「マメタス」も登場します。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

世界標準の国際分散投資の仕組みを日本でも広めたい(ウェルスナビ柴山)【F17C-WNV #2】

ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その2)は、資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の仕組みについてお話し頂きました。資産運用が自動化される凄い仕組みです。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

働く世代が手軽に資産運用できる「ウェルスナビ」の仕組み【F17C-WNV #1】

ウェルスナビ柴山和久さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の概要と、働く世代が抱えるライフ・プランの課題についてお話いただきました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】「今、フィンテックが熱い」

2017年5月15日〜5月24日まで配信しました「今、フィンテックが熱い」の全シリーズをまとめました。ぜひご覧いただければ。
記事を読む

【最終回】フィンテックこそが、金融をもっと「安心感」のあるインフラにする【F17-3E #8】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、フィンテック・ビジネス及び自社のビジネスにおける進化や今後の方向性について熱く語って頂きました。登壇者の皆さんが「いい対談だった」と語ったシリーズの締めくくりを是非御覧ください。
記事を読む

ユーザー体験のデザイン・最適化こそがフィンテックの本質である【F17-3E #7】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、「フィンテックとは何なのか?なぜ期待されているのか?」といった問に対して、各登壇者が語りました。ウェルスナビ柴山さんが語る「フィンテックの再定義」に注目です。是非御覧ください。
記事を読む

なぜフィンテックを起業のテーマに選んだか?【F17-3E #6】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、そもそもなぜ金融や会計といった領域で起業や経営をしようと思ったかについて各登壇者にお話いただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「保証人」と「連帯保証人」の違いは?これから求められる金融リテラシーの学び方【F17-3E #5】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、会計や金融といった領域に対する日本人のリテラシーにスポットをあて、その特徴などについて議論しました。是非御覧ください。
記事を読む