倉橋 健太 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

HARD THINGS④ 創業メンバーが会社の急成長についてこられない【F17-1D #5】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その5)では、起業後に次々とぶち当たる「壁」についてお話いただきました。「創業期のメンバーが会社の成長に追いつかなくなったら」という話題も必見です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

HARD THINGS③ ピッチイベントで賞をとっても売上があがらない【F17-1D #4】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その4)は、コンテスト入賞などで注目を集めても売上がついてこない苦悩についてお話いただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

HARD THINGS② 想いがあっても実績がないと使ってもらえない【F17-1D #3】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その3)は、会社の方向転換における組織内の説得の仕方や、「実績」がないスタートアップが事業を展開する際の苦悩についてお話いただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

HARD THINGS① 既存の仕組み・規制といかに向き合うか?【F17-1D #2】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その2)は、既存の仕組み・規制との向き合い方について議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】「俺たちのHARD THINGS」-サバイバル・ベンチャー経営論【F17-1D #1】

「俺たちのHARD THINGS - サバイバル・ベンチャー経営論」【F17-1D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その1)は予告編として、各登壇者をご紹介いたします。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティスを徹底議論!」(全7回)

2017年1月30日〜2月7日まで配信しました「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティスを徹底議論!」の全シリーズをまとめました。ユーザー・エクスペリエンス(UX)に関して、様々な立場から事例をお話いただきました。本質的な課題にも迫る示唆深い議論です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

総勢20社が登壇!注目ベンチャーの祭典【カタパルト・グランプリ】栄えある第1回の優勝企業は…!?

共に産業を創るトップリーダーのための日本最大級の招待制イベント「ICCカンファレンス FUKUOKA 2017」(2017年2月21日-23日開催)、3日目に「CATAPULT GRAND PRIX(カタパルト・グランプリ)」Supported by IBM BlueHubが開催されました。 注目のベンチャー企業総勢20社が、1社12分間のプレゼンテーションを行い、審査員の投票の結果、発展途上国において教育支援を行う特定非営利活動法人e-Education 三輪開人氏が優勝いたしました!
記事を読む

【最終回】「ソフトバンク孫正義は圧倒的なお客様目線」 – 経営者こそがユーザーの代表者であれ【K16-6A #7】

「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティス」【K16-6A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その7)は、ユーザー・エクスペリエンスを向上するための本質的な課題について議論しました。ヤフー村上さんが語るソフトバンク孫さんのエピソードにも注目です。是非御覧ください。
記事を読む

スマホのメニュー表示に使う「ハンバーガーアイコン(三)」で大失敗!(ヤフーCMO村上)【K16-6A #6】

「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティス」【K16-6A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その6)は、スマートフォンサービスにおけるユーザー体験の高め方や留意点等について議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

ヤフーCMO村上氏「アクセス激増のときこそ要注意」施策の裏側で見るべき”顧客残存”【K16-6A #5】

「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティス」【K16-6A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その5)は、サービスへの急激なアクセス増加がもたらす効果と、打つべき顧客残存の施策等について議論しました。日本最大級のWebメディアであるヤフー運営を担う村上さんならではのお話に注目です。是非御覧ください。
記事を読む

状態の悪さを把握する「負のKPI」設定が必要 – グロースハックの落とし穴【K16-6A #4】

「ユーザー・エクスペリエンスのベストプラクティス」【K16-6A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その4)は、KPI改善の裏側で起こる負の作用と、UXとKPIが相反する弊害について議論しました。UNCOVER TRUTHやプレイドでの豊富な事例にも注目です。是非御覧ください。
記事を読む