吉藤 健太朗 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

オリィ吉藤は、分身ロボット「OriHime」で誰もが社会参加できる世界を目指す(ICC KYOTO 2018)【文字起こし版】

ICCサミット KYOTO 2018 カタパルト・グランプで優勝に輝いたオリィ研究所 吉藤 健太朗さんの感動のプレゼンテーション【オリィ吉藤は、分身ロボット「OriHime」で誰もが社会参加できる世界を目指す】の文字起こし記事をぜひご覧ください。
記事を読む

オリィ吉藤は、分身ロボット「OriHime」で誰もが社会参加できる世界を目指す(ICC KYOTO 2018)【動画版】

ICCサミット KYOTO 2018 カタパルト・グランプリに登壇し、優勝に輝いたオリィ研究所 吉藤 健太朗さんの、今は亡き友人に捧げる感動のプレゼンテーション【オリィ吉藤は、分身ロボット「OriHime」で誰もが社会参加できる世界を目指す】をぜひご覧ください!
記事を読む

VAAK, a startup aims to create “Robots with empathy” through human behavior analysis by AI, won Honda Xcelerator CATAPULT (ICC KYOTO 2018)

“Learning and Participating in Co-Creation Together”. Honda Xcelerator CATAPULT, sponsored by Honda R&D Innovations, was held during the second morning of “Extreme Conference” Industry Co-Creation (ICC) Summit KYOTO 2018 (4-6 Sep 2018). The “Honda Xcelerator is Honda’s open innovation program, and the winner of “Honda Xcelerator Catapult” will be invited to this program.
記事を読む

【速報】AIによる行動解析技術で“共感ロボ”の創出を目指すVAAK(バーク)がHonda Xceleratorカタパルト優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)

「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス「Industry Co­-Creation(ICC)サミット KYOTO 2018」(9月4日〜6日開催)、2日目午前に「Honda Xcelerator カタパルト」 Sponsored by Honda R&D Innovations が開催されました。Honda Xceleratorは、Hondaのオープンイノベーション・プログラム。「Honda Xcelerator カタパルト」の優勝者は、同プログラムに招待されます。Hondaの各部門等から選ばれた審査員が注視する中、モビリティ・ロボティックス分野を中心としたスタートアップ企業8社が各7分間の熱いプレゼンテーションを繰り広げました。審査員の投票の結果、AIによる行動解析技術を強みに事業展開を行う「VAAK (バーク)」が優勝いたしました!
記事を読む

【速報】誰もが社会参加できる世界を!! 分身ロボット「OriHime」のオリィ研究所がカタパルト・グランプリ優勝!(ICCサミット KYOTO 2018)


記事を読む

【終】世界に展開するハードウェア・スタートアップの顧客サポート体制はどうあるべきか?【F17-8D #10】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その10)では、参加者からの質問を受けて、カスタマーサポートやハードウェア開発体制などについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップが活かすべき日本人の強みとは?【F17-8D #9】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その9)では、登壇各社の10年後の戦略や、日本及び日本人がハードウェア開発で生かせる強みについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップの差別化戦略とは?【F17-8D #8】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その8)では、登壇している各社の差別化ポイントはどこにあるのか、について議論しました。特許つきの技術に強みをもつ会社もあれば、技術に強みはないと語る会社もあって、勉強になります。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェアの開発・販売中止を判断するためのマネジメント術【F17-8D #7】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その7)では、どのような判断軸、スピード感で開発や販売を中止するのか、について議論しました。中止されたプロジェクトメンバーのモチベーション管理方法まで話が及びます。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップの製品開発に適したPDCAとは?【F17-8D #6】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その6)では、製作するハードウェアのテーマの決め方・PDCAの回し方について議論しました。各社それぞれの流儀があり興味深いです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

「変な」ハードウェアを矢継ぎ早に市場投入する「Cerevo(セレボ)」【F17-8D #5】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その5)では、Cerevo岩佐さんに、「変な」製品を次々と市場に投入する独自の戦略について聞きました。60を超える国に製品を販売できる秘密とは?ぜひ御覧ください。
記事を読む