【一挙公開】急成長期における組織崩壊と再生について(全6回)

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

事業を成長させると同時に、組織を育てる必要に迫られる経営者。しかしながら事業の急成長にそれが追いつくことは至難の技。ICC FUKUOKA 2022のセッション「急成長期における組織崩壊と再生について」では、事業成長の持続を図る一方、組織が崩壊したり、改革の必要に迫られた経験のある経営者たちが、その一部始終と、いかに再生していったかを赤裸々に語ります。現在組織についてお悩みの経営者はとくに必読です。ぜひご覧ください!


2022年2月14〜17日開催
ICCサミット FUKUOKA 2022
Session 9F
急成長期における組織崩壊と再生について
Sponsored by あしたのチーム

(スピーカー)

赤羽 博行
株式会社あしたのチーム 
代表取締役社長CEO

宇佐美 進典
株式会社CARTA HOLDINGS
代表取締役会長兼CEO

土屋 尚史
株式会社グッドパッチ 
代表取締役 兼 CEO

吉岡 諒
株式会社ウィルゲート
専務取締役 COO 共同創業者

(モデレーター)

田中 允樹
株式会社リンクアンドモチベーション
MCVカンパニー長

1.急成長期の組織崩壊を経験したスピーカーが赤裸々に語る!

あわせて読みたい
1.急成長期の組織崩壊を経験したスピーカーが赤裸々に語る! 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の①は、本日のスピーカーの紹介。あしたのチーム赤羽 博行さん、CARTA HOLDINGS宇佐美 進典さん、グッドパッチ土屋 尚史さん、ウィルゲート吉岡 諒さんが登壇し、リンクアンドモチベーション田中 允樹さんをモデレーターに、吉岡さんの強烈なエピソードから議論が始まります。ぜひご覧ください!

2.100人の組織で毎年40人が退職、グッドパッチの組織崩壊

あわせて読みたい
2.100人の組織で毎年40人が退職、グッドパッチの組織崩壊 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の②は、「組織崩壊」のテーマでもっとも読まれているnoteの1つを書いたグッドパッチ土屋 尚史さんが、何度聞いても衝撃のエピソードを語ります。一方CARTA HOLDINGS宇佐美さんは、サイバーエージェントの採用を見て、自らの組織について発見した課題を語ります。ぜひご覧ください!

3.数字を追って全国展開、3期連続赤字! 経営者交代で組織文化を180度変更した「あしたのチーム」

あわせて読みたい
3.数字を追って全国展開、3期連続赤字! 経営者交代で組織文化を180度変更した「あしたのチーム」 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の③は、あしたのチーム赤羽さんが組織崩壊のときの状況を振り返ります。事業が成長して社員数が倍近くに増え、拠点も全国海外に拡大というときに事業、社内に起こっていたこととは? 事業の迷走、大減収、経営者交代、ありとあらゆるハードシングスからいかに脱却を図っていったのか? ぜひご覧ください!

4.経営トップのコミットなくして、組織崩壊は解決できない

あわせて読みたい
4.経営トップのコミットなくして、組織崩壊は解決できない 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の④は、各社が組織の再構築を語ります。エントリーマネジメントを重視したウィルゲート、採用とバリューの再構築をしたグッドパッチが、具体的にどのように取り組んだのかというエピソードを詳細に語ります。土屋さんが社員を巻き込んでバリューを再定義した方法とは? ぜひご覧ください!

5. 組織をカンパニー制に変えたことで、採用がスムーズに

あわせて読みたい
5. 組織をカンパニー制に変えたことで、採用がスムーズに 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の⑤は、VOYAGE GROUPとサイバーエージェントを比較して気づいた違いを、CARTA HOLDINGS宇佐美さんが語ります。その学びから、組織カルチャーの違いを踏まえたうえで、カンパニー制に組織を再編したときに留意したこととは? うまくいく方法をそのまま模倣しなかったその手腕が光ります。ぜひご覧ください!

6.組織の課題を管理し、事業の成長を続けることが経営者の仕事である【終】

あわせて読みたい
6.組織の課題を管理し、事業の成長を続けることが経営者の仕事である【終】 経営者が実体験を赤裸々に語る「急成長期における組織崩壊と再生について」全6回の最終回は、成長を続ける組織であるために、採用と組織について取り組んでいることについて議論。急成長で組織が肥満状態にならないための改善の重要性や、組織を束ねるビジョン・ミッション・バリューについて語ります。最後までぜひご覧ください!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICCサミットとは?

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは、公式ページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!