井上 真吾 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

女性向けサービスを開発するためオネェと呼ばれるほど深堀りした(ソウゾウ松本)【K16-6E #4】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、ソウゾウ松本さんに「メルカリ アッテ」誕生の背景や、なぜ男性でありながら女性向けサービスのUXを考えられるのかについて語っていただきました。是非御覧ください。
記事を読む

【最終回】フィンテックこそが、金融をもっと「安心感」のあるインフラにする【F17-3E #8】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、フィンテック・ビジネス及び自社のビジネスにおける進化や今後の方向性について熱く語って頂きました。登壇者の皆さんが「いい対談だった」と語ったシリーズの締めくくりを是非御覧ください。
記事を読む

SHOWROOM前田氏が出会った衝撃の投げ銭ビジネス「YY LIVE」とは?【K16-6E #3】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その3)は、SHOWROOM前田さんに中国で同種サービスを運営する「YY」に訪問して学んだことについてお話し頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

小学生で月10万円稼ぐ?SHOWROOM前田の原点となった弾き語り【K16-6E #2】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、SHOWROOM前田さんに小学6年生から始めた弾き語りがSHOWROOMを始めた背景となったお話について語っていただきました。是非御覧ください。
記事を読む

ユーザー体験のデザイン・最適化こそがフィンテックの本質である【F17-3E #7】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、「フィンテックとは何なのか?なぜ期待されているのか?」といった問に対して、各登壇者が語りました。ウェルスナビ柴山さんが語る「フィンテックの再定義」に注目です。是非御覧ください。
記事を読む

【新】SHOWROOM × メルカリ アッテの立ち上げプロデューサー対談【K16-6E #1】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、SHOWROOM前田さんにSHOWROOMを作るに至るまでの経緯についてお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

なぜフィンテックを起業のテーマに選んだか?【F17-3E #6】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、そもそもなぜ金融や会計といった領域で起業や経営をしようと思ったかについて各登壇者にお話いただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「保証人」と「連帯保証人」の違いは?これから求められる金融リテラシーの学び方【F17-3E #5】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、会計や金融といった領域に対する日本人のリテラシーにスポットをあて、その特徴などについて議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

「不便」の解消の先にあるフィンテックの価値とは?【F17-3E #4】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、顧客が抱える「不」の解消の先にある、フィンテック・ビジネスのインパクトについて議論して頂きました。最先端の議論となりました。是非御覧ください。
記事を読む

国民の期待値と金融サービスのギャップこそがフィンテックブームの源泉【F17-3E #3】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その3)は、フィンテック・ビジネスの難しさや課題について各登壇者が思うところをお話いただきました。ウェルスナビ柴山さんのロンドン前市長のエピソードは必見です。是非御覧ください。
記事を読む

「紙」をやめれば金融/会計サービスはもっと進化する!【F17-3E #2】

注目ベンチャー特集「今、フィンテックが熱い」【F17-3E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その2)は、なぜ今フィンテックと呼ばれる事業領域が盛り上がっているのか、その理由について議論頂きました。業界関係者注目の議論です。是非御覧ください。
記事を読む