マイネット – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント(全9回)

2017年12月4日〜12月14日まで配信しました「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」の全シリーズをまとめました。M&A後の組織の課題とその向き合い方などがわかる内容です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【終】アクイ・ハイヤー(人材獲得)型M&Aの是非を徹底議論【F17-7A #9】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その9)は、会場からの質問を受け付け、アクイ・ハイヤー(人材獲得型)のM&Aの是非やロングリストの作成方法など、実践的な経営を議論しました。最後の各登壇者からのメッセージも素晴らしいです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

グローバル企業のPMI(組織統合)で活かせる日本人の”傾聴力”とは?【F17-7A #8】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その8)は、PMI(M&A後の統合プロセス)を担当する人材の要件について議論しました。「日本人はPMIに向いている」など、現場を踏まえた貴重な議論です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

増収増益の注目企業「じげん」平尾丈が上手く行かなかった投資から学んだこと【F17-7A #7】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その7)は、じげん平尾さんを中心にM&A後の統合プロセスのポイントと、じげんが過去に上手く行かなかった投資のパターンもご紹介頂きました。必見です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

M&A後のドラスティックな組織変革を成し遂げる秘訣とは?(レノボ・ジャパン留目)【F17-7A #6】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その6)は、レノボ・ジャパン留目さんを中心にM&A後の統合プロセスの実務について、ご経験を踏まえて成功のコツをお話し頂きました。NECのPC事業といった伝統ある組織の統合プロセスのハードルとポイントとは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

まず隣で同じ釜の飯を食おう – M&A後の組織統合を成功に導く第1歩【F17-7A #5】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その5)は、M&A後の統合プロセスの実務について、ご経験を踏まえて成功のコツをお話し頂きました。「寝食を共にする」「完全アウェー」などリアリティあるお話の数々です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

事業を再定義するプロセスの中にM&Aがある(レノボ・ジャパン留目)【F17-7A #4】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その4)は、レノボ・ジャパン留目さんに、グローバル企業におけるダイナミックなPMI(M&A後の統合プロセス)についてご経験をお話いただきました。外資系企業が国内企業を買収・少人数企業がより社員数の多い企業を買収といったケーススタディとしても大変勉強になります。ぜひ御覧ください。
記事を読む

M&Aで成長加速!じげん平尾丈が考える「買収後にやるべきこと」【F17-7A #3】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その3)は、じげん平尾さんを中心に、じげん流のM&A後の統合プロセスについてお話し頂きました。買収後のデューデリジェンスやPMI責任者の仕事論など、目からウロコの議論です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

M&Aを重ねるマイネットが編み出した組織統合プロセスの「型」とは?【F17-7A #2】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その2)は、マイネット上原さんを中心に、M&A後の統合プロセスにおける「型」をご紹介頂きました。再現性ある仕組みをどう構築するか?形式知化されたお話しが印象的です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメントの秘訣【F17-7A #1】

「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」【F17-7A】9回シリーズ(その1)は、ご登壇者の自己紹介とこれまで経験したM&Aについて語って頂きました。モデレーターに青柳直樹さんを迎え、リアリティある議論を貫きます。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】No.2 の役割とは何か?(全3回)

2016年7月13日〜7月15日まで配信しました「No.2 の役割とは何か?」の全シリーズをまとめました。No.2ならではのエピソードを交えながらトップとの役割分担や人間関係などについてお話いただきました。「No.2の重要な役割とは何か?」「No.2とは何か?」が分かる議論です。是非ご覧いただければ。
記事を読む