一休 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】愛されるブランドを創る(全8回)

2017年11月6日〜11月15日まで配信しました「愛されるブランドを創る」の全シリーズをまとめました。「ブランドとは何なのか」「そもそもブランドはなぜ必要なのか」。よなよなエール、獺祭、一休.com、オイシックス...様々なブランドを事例にブランド創りの本質に迫ります。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【ブランド論<終>】ブランドを創るには顧客のために愚直に1つ1つ徹底してやり切ろう【K17-7B #8】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、ブランド構築におけるゴール設定について議論しました。最後にブランドをさらに創っていく意気込みをお話しいただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論⑥】ヤッホーブルーイング井手社長はなぜ変な仮装をしてパーティに出席するのか?【K17-7B #7】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、資本関係上で複数あるブランドの棲み分けやファンを喜ばせるための取り組みについて議論しました。ヤッホーブルーイング井手さんの仮装に注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論⑤】ブランドを創るには顧客に隙を見せるな(Oisix.daichi高島)【K17-7B #6】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、オイシックス高島さんに、ブランドを創ることができる社員の採用方法・育成方法について語っていただきました。社員の力で「隙のないブランド・UX」を実現できているオイシックスの秘密とは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論④】”一休”の顧客当たりの利用額を圧倒的に高めたマーケティング戦略【K17-7B #5】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、一休の榊さんにファン獲得をどう収益につなげていくか語っていただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論③】よなよなエールが「熱狂的に愛されるブランド」になった理由【K17-7B #4】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、ヤッホーブルーイング井手さんに、よなよなエールなどのブランドを創れるに至る試行錯誤を語っていただきました。調査の結果、よなよなエールのファンはハーレーダビッドソンのファンと似ていることが分かったそうです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論②】“獺祭”の桜井会長が語る小手先でないブランドの創り方・守り方【K17-7B #3】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その3)は、”獺祭”で有名な旭酒造の桜井会長に、本質を大事にするブランド論を語っていただきました。獺祭というネーミングに込められた想いとは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

【ブランド論①】ネット・プロモーター・スコア(NPS®)を活用して顧客ロイヤリティを定量化する【K17-7B #2】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その2)は、ベイン・アンド・カンパニー井上さんに、NPS®(ネット・プロモーター・スコア)についてご解説頂きました。ブランドに対する評価を定量的に捉えることができるNPSは、事業成長の鍵となります。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】愛されるブランドを創る【K17-7B #1】

「愛されるブランドを創る」【K17-7B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)は、登壇者らが簡単な自己紹介と、自社ブランドへの想いを語っていただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚(全10回)

2017年8月17日〜8月30日まで配信しました「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」の全シリーズをまとめました。「創業者の圧倒的な個性とは?」「壮大なビジョンをいかに現場に伝えるか」「会社のピンチでいかに元気を引き出すか」などについて話しました。副社長・COOの役割とは何か?が分かる議論です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【終】尊敬し合える人と経営チームをつくろう【F17-8A #10】

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」【F17-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その10)は、各登壇者に経営チームの創り方について議論いたしました。最後は素晴らしいメッセージを頂きました。ぜひ御覧ください。
記事を読む