東後 澄人 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】継続課金/リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論(全7回)

サブスクリプションサービスが数あるなか、強いリピーターを持つサービスの強みとは?ICCサミット FUKUOKA 2018で行われたセッション「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」では、Oisix、一休、楽天、ラクサスといった根強いリピーターを持つサービスに携わる登壇者が、その施策を徹底討論します。ぜひご覧ください。
記事を読む

1.継続課金リピート型ビジネスに携わる登壇者が、Oisix、一休、楽天、ラクサスの取り組みを紹介

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その1)は登壇者が携わるサービスの紹介です。Oisix、一休、楽天、ラクサスといった、リピーターが集まっているサービスのビジネスモデルとは? ぜひご覧ください。
記事を読む

2.「感動体験」でリピート率が2.5倍!オイシックスドット大地の取り組み

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ(その2)のテーマは、顧客数の最大化にについて。オイシックスドットコム大地の高島さんの取り組みや、登壇者が注目する継続課金型のサービスを紹介します。ぜひご覧ください。
記事を読む

3.一休は、なぜ顧客数の最大化よりLTV向上を目指すのか

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ(その3)は、一休とラクサスのビジネスモデルを深掘りします。一休が顧客単価の高い人に向けて行った施策や「特別感」の醸成、定額制のラクサスが継続される心理など、戦略のコアの部分まで語り尽くします。ぜひご覧ください。
記事を読む

4.顧客獲得とLTV向上のジレンマはKPIの設定で解決できる

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ(その4)は、顧客獲得とLTVは共存できるのか?をテーマに討論します。どのようなアプローチで新しいビジネスを顧客に伝えるのか、オイシックスドットコム大地の高島さんが、ほうれん草やイチゴを例に説明します。ぜひご覧ください。
記事を読む

5.AmazonもFacebookもタイムシェアやマインドシェアを獲りにいっている

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ(その5)は、消費行動の変化について。楽天北川さんが指摘する「マインドシェア・タイムシェア」の潮流から、消費行動とLTVの相関性に討論が発展しました。ぜひご覧ください。
記事を読む

6.継続課金ビジネスの踊り場で直面する誘惑とは?

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ(その6)は、継続課金ビジネスの踊り場から議論が始まります。顧客に潜んでいるニーズをどうサービス化するのか?規模の大きい楽天だからこそ目指す形とは?ぜひご覧ください。
記事を読む

7.継続ビジネスの肝はライトユーザーを追いすぎないこと【終】

「継続課金リピート型ビジネスの成功の鍵を徹底議論」7回シリーズ最終回は、Oisix、一休、楽天、ラクサスへの質疑応答です。失敗した施策や、サービス転換点での判断基準、競合への意識など、さまざまなな疑問に率直にお答えいただきました。ぜひご覧ください。
記事を読む

【保存版】マーケティングは今後どのように変わっていくのか?(全9回)

2017年9月19日〜9月29日まで配信しました、「マーケティングは今後どのように変わっていくのか?」の全シリーズをまとめました。デジタルマーケティングを中心に、マーケティングの在り方を変えうるブランディングの考え方、テクノロジー、消費者行動の変化など、具体的な事例を交えながら深く議論しました。マーケター必見の内容となっております。ぜひご覧いただければ。
記事を読む

【終】Eコマースが進化すればするほど認知を高める広告は不要になる【F17-4B #9】

「デジタルマーケティングやプロモーションは今後どのように変わっていくのか?」【F17-4B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)は、会場からの質問を受け付け、「効果が追跡しきれない広告の予算をどのように考えるべきか?」など実践的内容を議論しました。抽象論・具体論がクロスする素晴らしい議論となりました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

BtoBマーケティングあるある「既存顧客を放ったらかし」【F17-4B #8】

「デジタルマーケティングやプロモーションは今後どのように変わっていくのか?」【F17-4B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、「賛成する人がほとんどいないマーケティングに関する大切な真実はなんだろう?」という問いについてfreee東後さんらを中心に考えました。Kaizen須藤さんの名モデレーションと共にマーケティングに関する「不都合な真実」が議論されました。ぜひ御覧ください。
記事を読む