LinkedIn | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

2.最先端のAIはどこまで“賢い”か − マイクロソフト社の取り組み

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その2)は、マイクロソフト社のAIに関する最新の取り組みについて。ライブ会場でのオーディエンスの顔認識で、客層、表情、年齢、感情まで読み取れる驚きのテクノロジーが紹介されます。ぜひご覧ください。
記事を読む

3.進むAI技術の民主化 − AI活用の「アイデア」が問われる時代に

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その3)のテーマは、ビジネスにAIをどう使用しているかについて。導入が進むFacebookやLinkedInの例や、gumiなどゲーム会社での現状が語られます。ぜひご覧ください。
記事を読む

4.AIは「創造性」や「知性」を持っているのか?

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その4)は、ゲームでのAI活用から議論が始まります。チューニングやパターンマッチングの先に、AIが「創造性」や「知性」をもつことはあるのか? そして人間に求められるものとは? ぜひご覧ください。
記事を読む

5.MRデバイスに関する誤った考え方 −「何ができるか」より「何を解決したいか」

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その5)のテーマは、ミックスド・リアリティ(複合現実)。デバイスで何ができるのかよりも、どのような課題を解決したいかというアプローチから入るのが大事だといいます。最新事例の映像も合わせて、ぜひご覧ください。
記事を読む

6.新たなデバイスにあわせてUI/UXを再定義しよう

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その6)は、ポストスマホ時代に必須のUI/UXの再設計の必要性について議論します。デバイスが変わるときに、対応すべきこととは何か?ぜひご覧ください。
記事を読む

7.「音声UI」と「MR・AR」の同時進化が新体験を生み出す

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その7)は、音声UIとMR・ARの進化についての議論から、人間とはまったく異なるAIの思考ロジック、動画解析テクノロジーの可能性まで話題が広がります。登壇者たちがバーチャルYouTuberを面白いと思う理由とは?ぜひご覧ください。
記事を読む

8.先端テクノロジービジネスを担う人材をどう獲得するか?

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(その8)は、FacebookやLinkedInの求める人材像から討論がスタート。「まったく転職する気はなかった」という村上 臣さんのエピソードも語られます。ぜひご覧ください。
記事を読む

9.テクノロジーで世界を変え、人類の生活を豊かにしたい!【終】

「未来のテクノロジーが実現する新しいビジネスモデルを徹底議論」9回シリーズ(最終回)は、会場からのQ&Aです。どうすれば経験者の知恵をデータ化できるか、バーチャル体験はどこまで現実に近づけるか?という質問に加えて、最後の登壇者からのメッセージまで、ぜひご覧ください。
記事を読む

【保存版】オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方(全9回)

2018年1月29日〜2月8日まで配信しました「オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方」の全シリーズをまとめました。「「イノベーションはテリ侵から生まれる」「大企業の中間層がイノベーションを止めている」など気合の入った金言が多く生まれました。また、「明治維新はオープンイノベーション」など通常の議論とは違う切り口にも注目です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【終】ROIばかり重視する組織からはイノベーションは生まれない【K17-8E #9】

「オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方」【K17-8E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)では、参加者からの質問を受け、どのような目的・目標を共有した人と一緒にオープンイノベーションに取り組むべきなのか議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【喝】合議・多数決ではイノベーションは生まれない【K17-8E #8】

「オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方」【K17-8E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)では、イノベーションを起こすために経営者はどのように行動するべきなのか?について議論しました。緊張感を持って自身が行動し、メッセージを伝わるまで発し続けることの重要性がよく分かります。ぜひ御覧ください。
記事を読む