2017年12月 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

”Web 3.0” 革命が、MRデバイス+IoT+クラウドAIの融合によって起こる(gumi國光)【K17-10C #6】

「ポストスマホ!AR時代を大激論!」【K17-10C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)では、gumi國光さんと尾原さんが、誰もが体験や妄想をアップロードできるAR時代が3年後に来るという話題について議論しました。國光さんによると、SONYのWALKMANは原始的なARだそうです。是非ご覧ください。
記事を読む

IBM BlueHubのオープンイノベーション・プログラムに大企業が続々と参加したのはなぜか【F17-4F #6】

「今、IBM BlueHubが熱い」【F17-4F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その6)は、IBM大山さんにオープンイノベーションプログラムへの大企業の巻込み方について伺いました。「アイデアだけではなく、事業化」というこだわりにも注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?【F17-8D #1】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その1)は、登壇者の経歴紹介などです。ダイソン守屋さんは、貴重な動画を使って自社を紹介してくださっています。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】量子コンピュータなどの先端テクノロジーのビジネス化を徹底議論!【K17-5D #1】

「先端テクノロジー X スタートアップのCo-Creationを徹底議論」【F17-5D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)では、登壇者の方々から、自己紹介と注目しているテクノロジートレンドについてお話いただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】世界で勝負するチーム・マネジメント(全3回)

2016年4月29日〜5月1日まで配信しました「世界で勝負するチーム・マネジメント」の全シリーズをまとめました。世界で活躍する人材のマインドセットや、日本人の強み弱み、海外拠点のマネジメントなどについて議論しました。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】モバイル動画メディアの今後を徹底議論(全8回)

2017年12月4日〜12月13日まで配信しました「モバイル動画メディアの今後を徹底議論」の全シリーズをまとめました。AbemaTV、GYAO!、ルトロン、ONE MEDIAといった、話題のサービスを展開する登壇者たちの熱い議論です。動画ビジネス全般についてはもちろん、広告のプライシングや動画制作、メディア運営のKPIなど、実務的なお話に踏み込んで語りました。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント(全9回)

2017年12月4日〜12月14日まで配信しました「M&Aによる成長を実現する組織統合マネジメント」の全シリーズをまとめました。M&A後の組織の課題とその向き合い方などがわかる内容です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

知らないとまずい?産業用ARの最新トレンド【K17-10C #5】

「ポストスマホ!AR時代を大激論!」【K17-10C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)では、ARがB to Bのケースでどのように使われているのか議論しました。ARとAIによって人間の仕事はどのように変化するのでしょうか?是非ご覧ください。
記事を読む

「IBM BlueHub」の仕組み②:PREVENT萩原氏が語る企業間のコラボレーションによる新事業創出の成果【F17-4F #5】

「今、IBM BlueHubが熱い」【F17-4F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、IBM BlueHubでの事例をもとに、大企業とベンチャーの協働の難しさとその打開について議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【動画版】「grafit」はバイク等の乗り物を再定義し、21世紀の”HONDA”を目指す

ICC KYOTO 2017 IoT/ハードウェア・カタパルトに登壇したglafit鳴海さんの【「grafit」はバイク等の乗り物を再定義し、21世紀の”HONDA”を目指す】プレゼンテーション動画を是非ご覧ください!
記事を読む

「IBM BlueHub」の仕組み①:ハタプロ伊澤氏が語る企業間のコラボレーションによる新事業創出の成果【F17-4F #4】

「今、IBM BlueHubが熱い」【F17-4F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、ハタプロ伊澤さんに、 IBM BlueHubのプログラムが具体的にどのように進んだのかお話を伺いました。ぜひ御覧ください。
記事を読む