【一挙公開】新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め! (全9回)

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

みなさん、読書はお好きですか? 多忙な毎日を送る登壇者たちが、ICCサミット FUKUOKA 2020で初開催となった「読書」について熱く語るセッションで、自らの読書遍歴や、自分にとっての1冊を明かします。ディスカッションは想定を超える盛り上がりで、シーズン2も決定! 新しい本との出会いに、本や書店からのインプットを得る参考に、ぜひご覧ください!


【登壇者情報】
2020年2月18〜20日開催
ICCサミット FUKUOKA 2020
Session 11D
新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!
Supported by Lexus International Co.

嶋 浩一郎
株式会社博報堂 執行役員 /
株式会社博報堂ケトル エグゼクティブクリエイティブディレクター

(ゲスト)
天沼 聰
株式会社エアークローゼット
代表取締役社長 兼 CEO

井上 大輔
ヤフー株式会社
マーケティングソリューションズ統括本部 マーケティング本部長(肩書は登壇時当時のものです)

蛯原 健
リブライトパートナーズ 株式会社
代表パートナー

山内 宏隆
株式会社HAiK
代表取締役社長

渡邉 康太郎
Takram コンテクストデザイナー /
慶應義塾大学SFC特別招聘教授

1. 6人の「本読み」が集結! 自分にとっての1冊&読書遍歴を熱く語る!

あわせて読みたい
1. 6人の「本読み」が集結! 自分にとっての1冊&読書遍歴を熱く語る! 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」の全文書き起こし記事を全9回シリーズでお届けします。ホストの博報堂ケトル 嶋 さん含め、本を愛する6人が自分の読書スタイルを紹介します。初回はヤフー(当登壇時)の井上さんから。自分にとっての1冊に、知る人ぞしる奇書を選んだその真意とは? ぜひご覧ください!

2. 1冊について徹底議論!エアークローゼット天沼さんが実践する読書会とは

あわせて読みたい
2. 1冊について徹底議論!エアークローゼット天沼さんが実践する読書会とは 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その2)では、エアークローゼット天沼さんが社内で行っている読書会について紹介します。本を中心に議論をするときのメリットとは? また天沼さんが取り上げた1冊から、HAiK山内さんが朝の秘密を告白します。ぜひご覧ください!

3.「人間の基礎体力を鍛えるためにフィクションを読もう」リブライト蛯原さんの主張

あわせて読みたい
3.「人間の基礎体力を鍛えるためにフィクションを読もう」リブライト蛯原さんの主張 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その3)は、リブライトパートナーズ蛯原さんが、普段の読書と、とっておきの1冊について語ります。蛯原さんが学生時代に読破した作家とは? 音声をお聞かせできないのが残念ですが、最後はポエトリー・リーディングまで飛び出します。ぜひご覧ください!

4. ビジネスのための読書にこそ、文学的な読み方を取り入れよう!

あわせて読みたい
4. ビジネスのための読書にこそ、文学的な読み方を取り入れよう! 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その4)は、実用性だけを求める読書に、”本読み”たちが、物申す! 検索エンジンや他者の思考回路に頼らない、読書の愉しみを提案します。音読の意味や、この議論が行われた福岡にまつわる物語まで、ひたすら広がる読書談義を、ぜひお楽しみください!

5. HAiK山内さんが元上司から言われた「3,000冊読書」の真意とは

あわせて読みたい
5. HAiK山内さんが元上司から言われた「3,000冊読書」の真意とは 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その5)は、HAiKの山内さんが、新卒で入った会社で「本を読め」と言われたエピソードからスタート。15年かけて3,000冊を読破した先に、山内さんがつかんだものとは?「山川の世界史・日本史」をまだお持ちの方は、再読したくなりそうです。ぜひご覧ください!

6. Takram渡邉さんが考える本とは「完成していて未完成、かつ演奏を待つ楽譜」である

あわせて読みたい
6. Takram渡邉さんが考える本とは「完成していて未完成、かつ演奏を待つ楽譜」である 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その6)は、Takram渡邉さんが自分にとっての1冊を紹介します。読書は20%のリソースで読み、残りの80%では何をすべきか? それが豊かになればこそ、渡邉さんのような思考力を鍛えられるのかもしれません。ぜひご覧ください!

7. 効果効能を期待するべからず! 博報堂ケトル嶋さんが「あさっての情報」を重視する理由

あわせて読みたい
7. 効果効能を期待するべからず! 博報堂ケトル嶋さんが「あさっての情報」を重視する理由 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その7)は、博報堂ケトル嶋さんが、自分にとっての1冊を紹介します。短絡的に意味・目的を求めすぎる傾向に疑問を投げかけると、一挙に議論が白熱します。「無駄な情報を入れる」ことから生まれるものとは? ぜひご覧ください!

8. 本は「正解」ではない。異分子への健全な反論がイノベーションを生む

あわせて読みたい
8. 本は「正解」ではない。異分子への健全な反論がイノベーションを生む 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(その8)は、本を題材にディスカッションをするときのポイントや、リアル書店でできることについて議論が展開します。「知っている本を探す・買う」ではないリアル書店の魅力とは。ぜひご覧ください!

9. 読書セッション シーズン2 決定!本をめぐる議論は終わらない!(終)

あわせて読みたい
9. 読書セッション シーズン2 決定!本をめぐる議論は終わらない!【終】 「新・大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!」9回シリーズ(最終回)は、最後まで本への愛、読書についての熱い議論が続きます。時間いっぱいまで全力投球、語り足りない6人はシーズン2を熱望!最後まで、新しい本との出会いに誘う読書セッションをぜひご覧ください!

編集部のおすすめ(関連記事)

読書のセッションで知的欲求が高まったら、こちらのセッションもいかがでしょうか。ICCサミット FUKUOKA 2018の最高評価となった伝説のセッションを、ぜひ合わせてお楽しみください。

あわせて読みたい
【一挙公開】知性の核心とは何か?(全8回) ICCサミット FUKUOKA 2018の最高評価セッション「知性の核心とは何か?」を全8回に分けてお届けします。人間らしい感性とは何か? AIは人間の知性を拡張するのか? 答えのない問いが知性を育む仕組みとは? 尾原和啓さんのモデレーションのもと、ヤフー安宅さん、石川善樹さん、楽天北川さん、リバネス丸さんら人気登壇者がステージを舞台に繰り広げた、“知の無差別級バトルロイヤル”をぜひご覧ください!

新着記事を公式LINEで配信しています。友達申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/フローゼ 祥子/道下 千帆/戸田 秀成

ICCサミットとは?

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット KYOTO 2020は、2020年8月31日〜9月3日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは、公式ページをご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!