村上 臣 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?(全8回)

テクノロジーの進化とともに、世界中で次々と新しいモビリティサービスが生まれるなか、キーマンたちが注目しているものとは何か? その現状と課題、未来図について、語り尽くすセッション「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」を公開です。従来の手法にないサービスや展開を試みるときに、壁となるものとは?新しいモビリティサービスがもたらす社会の変化とは?社会課題を解決するサービスを創り出す視点が伝わる討論です。ぜひご覧ください!
記事を読む

1.モバイルビジネス、プロダクトサービス創りに携わる登壇者が徹底議論!

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)は登壇者の自己紹介です。当時ヤフーの村上さん、当時ソウゾウ(メルカリ)の松本さん、ナビタイムの菊池さん、JapanTaxiの岩田さんに、携わっている業務についてお話しいただきました。ぜひご覧ください。
記事を読む

2.モバイルビジネスのキーマンたちが「Mobike」に注目する理由とは?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その2)は、登壇者の方々が、自身のサービス以外で注目しているサービスと、その理由について紹介します。是非御覧ください。
記事を読む

3.モビリティサービス最前線 – 「移動データ」にビジネスチャンスあり

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その3)は、バスやタクシーなどの移動サービスについて。自動運転技術の現在地点や、移動にまつわる情報、従来のサービスの未来像について議論します。是非御覧ください。
記事を読む

4.メルカリがメディア機能を持たずに、タッチポイントを増やす施策とは?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その4)は、どのようにしてユーザーとの接点を増やすかについての議論です。ソウゾウ松本さんが説明する、メルカリがメディア事業をしない理由や、ソウゾウの3つのサービスが異なる目的を担っていることなど必見の内容です。是非御覧ください。
記事を読む

5.「UBER」の登場で韓国のタクシー業界は1つに。日本は”戦国時代”が続く

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その5)は、ナビタイムやJapanTaxiの戦略について。お隣韓国では、UBERの上陸で、国内タクシー業界が1つにまとまったといいます。それに対して日本の現状は?是非御覧ください。
記事を読む

6.「メルカリ」「CASH」から感じるイノベーションのジレンマ

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その6)は、リアルな世界でのモビリティについて。移動コストや混雑といった社会課題をどうやって解決するのか。ヤフーから見たメルカリの脅威まで議論が発展します。是非御覧ください。
記事を読む

7.法規制と共存しながら新たなモビリティサービスを創るには?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その7)のテーマは、新規サービスが直面する法規制についてです。中国発のシェアサイクルサービスMobikeが北海道からスタートした意外な理由も合わせて是非御覧ください。
記事を読む

8.リアルタイム性、与信…モバイルサービスは今後どう進化するのか?【終】

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(最終回)は、テーマでもある進化の方向性を討論します。スタートアップは何を目指すべきか、キーワードとなるもの、今後出てきそうなサービスを議論するなかで、モバイル=テクノロジーという結論が導き出されます。是非御覧ください。
記事を読む

【保存版】オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方(全9回)

2018年1月29日〜2月8日まで配信しました「オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方」の全シリーズをまとめました。「「イノベーションはテリ侵から生まれる」「大企業の中間層がイノベーションを止めている」など気合の入った金言が多く生まれました。また、「明治維新はオープンイノベーション」など通常の議論とは違う切り口にも注目です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【終】ROIばかり重視する組織からはイノベーションは生まれない【K17-8E #9】

「オープンイノベーションによるソーシャルバリューの作り方」【K17-8E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)では、参加者からの質問を受け、どのような目的・目標を共有した人と一緒にオープンイノベーションに取り組むべきなのか議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む