ICCパートナーズ – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

ラディウス・ファイブは、AIプラットフォーム「cre8tiveAI」でクリエイティブの世界に革命を起こす!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

ICCサミット FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルト 3位入賞に輝いた、ラディウス・ファイブ 漆原大介さんのプレゼンテーション【ラディウス・ファイブは、AIプラットフォーム「cre8tiveAI」でクリエイティブの世界に革命を起こす!】の文字起こし記事をぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?(全7回)

早くも〈シーズン2〉開催決定!オーディエンスの82%が「最高だった」と回答したICCサミット FUKUOKA 2019の高評価セッションを全7回に分けてお届けします。私たちは「人間」をどこまで理解できるのか? そして「人間を理解する」とはどういうことか? 会場を笑いの渦に包んだ、楽天CDO・北川拓也さんによる『青春と僕』は必見の内容です。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 諸科学は万物をどのように「理解」しているか? 自然科学・社会科学・人文科学で異なる“理解の作法”

ICCサミット FUKUOKA 2019の大好評セッション「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」を全7回シリーズでお届けします。(その1)は、人間を理解する前に「そもそも、理解するとはどういうことか?」を予防医学研究者・石川善樹さんが解説します。ぜひご覧ください!
記事を読む

2. 人間を理解するヒントは、京都の『洛中洛外図』にあり!?

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズ(その2)では、複雑な人間を理解するための糸口を石川善樹さんが『洛中洛外図』に求めます。京都の街を俯瞰した絵画の一体にどこに、そのヒントが隠されているのか? キーワードは「大局観」です。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. 人間を理解するとは「受け入れる」ということ

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズ(その3)は、ハーバードビジネススクールの“Being教育”そしてリンクトインの“コンパッションマネジメント”から、相手を理解すること・受け入れることの大切さに迫ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

4.『青春と僕』――楽天CDO・北川拓也は今、科学者として「青春」を理解する

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズ(その4)では、楽天CDOの北川拓也さんが『青春と僕』と題したプレゼンテーション(?)を開始。北川さんが回顧して語る高校一年生の青春エピソードとは? そして脳科学の視点から見た「青春」の正体とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

5. 人間の理解における「FACTFULNESS」とは? 変わりゆく“常識”をアップデートせよ

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズ(その5)は、科学の発展によって変わる人間の理解を議論します。テクノロジーが解き明かす「人間」の本質を、私たちはどれほど理解できているのか? 私たちがいま認知するべき「事実」とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

6. 個人データの蓄積が拓く新学問「ヒューマノーム」は、人間の未来を予測する

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズ(その6)は、リバネスの井上浄さんが挑戦する新たな学問「ヒューマノーム」がテーマです。井上さんは、あらゆる個人データの蓄積が、未来予測を可能にすると言います。一体どのようなデータが必要なのでしょうか? ぜひご覧ください!
記事を読む

7. 人間を理解するとは何か? その探究の価値は「理解しようとしている」ことにある【終】

「大人の教養シリーズ 人間を理解するとは何か?」7回シリーズの最終回。果たして、私たちは人間をどこまで理解できるのか?そして「人間の理解」の先に、どのような社会を築くべきなのか? 最後までぜひご覧ください!
記事を読む

「T-ICU」は“Doctor-to-Doctor”遠隔集中治療プラットフォームで医療格差を解決する!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

ICCサミット FUKUOKA 2019 スタートアップ・カタパルトに登壇し、準優勝に輝いた T-ICU・中西智之さんのプレゼンテーション【「T-ICU」は“Doctor-to-Doctor”遠隔集中治療プラットフォームで医療格差を解決する!】の文字起こし記事をぜひご覧ください!
記事を読む

展示スペースを一挙ご紹介!〜建築倉庫ミュージアム〜【ICC FUKUOKA 2019レポート番外編】

ICCサミット FUKUOKA 2019では今回、展示のスペースをセッション会場にまで拡大するという取り組みにチャレンジしました。こちらのレポートでは、C会場に設置した、建築倉庫ミュージアムからの、建築模型のサテライト展示を写真とともに紹介します。ぜひご覧ください。
記事を読む