ICCパートナーズ – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1. 知財・法務は戦略。“どれだけ隠せるか”の戦い?

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その1)は、登壇者が早速ディープな議論をスタート。デジタルのスピード感と知財のミスマッチ、“見せ方を工夫した”特許戦略などが話題にあがります。ぜひご覧ください!
記事を読む

2.「知財弁護士の仕事はビジネスモデルの“ヘソ”を見つけること」(下町ロケット弁護士・鮫島氏)

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その2)は、『下町ロケット』神谷弁護士のモデル、鮫島正洋弁護士がベンチャー企業が考えるべき特許戦略を解説します。誰もが必ず通る“ヘソ”に対して特許を取るということはどういうことか? ぜひご覧ください!
記事を読む

3. ベンチャー必読 知財戦略①「各フェーズで捻出すべき知財費用とは?」

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その3)は、ベンチャー企業が各成長フェーズで投じるべき知財費用について。その基準となるのは売り上げ? それとも手元のキャッシュ? 鮫島さん・水島さんがそれぞれ解説します。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. ベンチャー必読 知財戦略②「どの段階で知財弁護士と相談すべきか?」

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その4)は、事業開発の過程で「さぁ、知財弁護士に相談しよう」とするべきタイミングについて。西村あさひ法律事務所の水島さんが目撃した「悲劇」とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

5. ベンチャー必読 知財戦略③「PCT国際出願とは何か?国内移行期限は?」

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その5)は、“国をまたいだ特許”に関するレクチャーです。鮫島弁護士によると「まず生産国で、次にマーケット国で」というのが一般的な出願セオリーとのこと。ベンチャー企業は、各国特許の出願コストをどう考えるべきなのでしょうか? ぜひご覧ください!
記事を読む

6.「特許のマーケットプレイス」が世界の休眠特許を活性化する

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(その6)は、世界中の企業や大学が保有する“休眠特許”がテーマ。すでにアメリカでは、パテントを売買するマーケットプレイスが存在しているとのこと。オープンイノベーションに興味のある方も必見の内容です。ぜひご覧ください!
記事を読む

7. ビッグデータが明かす、特許数と純利益の「正の相関」【終】

「新しいアイデアの実現と法務・知財戦略」7回シリーズ(最終回)は、会場からの質問応答です。大企業の休眠特許を可視化するためには? 企業の特許担当者のインセンティブ設計とは? そして最後に、Takram田川さんがビッグデータが示す「特許数と純利益」の相関を解説します。ぜひご覧ください!
記事を読む

ottaは固定ポイントとモビリティの見守り情報で、地域の安心を担う(ICC KYOTO 2018)【文字起こし版】

ICCサミット KYOTO 2018 Honda Xcelerator カタパルトに登壇した、otta 山本 文和さんの【ottaは固定ポイントとモビリティの見守り情報で、地域の安心を担う】プレゼンテーションの文字起こし記事をぜひご覧ください。
記事を読む

夏目綜合研究所は、瞳孔解析テクノロジーで安全・快適なドライブ空間を提供する(ICC KYOTO 2018)【文字起こし版】

ICCサミット KYOTO 2018 Honda Xcelerator カタパルトに登壇した、夏目綜合研究所 臼倉 正さんの【夏目綜合研究所は、瞳孔解析テクノロジーで安全・快適なドライブ空間を提供する】プレゼンテーションの文字起こし記事をぜひご覧ください。
記事を読む

シンクランドは、痛みのない“貼る注射針”で次世代医療に挑戦する(ICC KYOTO 2018)【文字起こし版】

ICCサミット KYOTO 2018 カタパルト・グランプリに登壇し、4位入賞に輝いたシンクランド 宮地 邦男さんの【シンクランドは、痛みのない“貼る注射針”で次世代医療に挑戦する】プレゼンテーションの文字起こし記事をぜひご覧ください。
記事を読む

1. ITを活用する農業ベンチャーが集結!

「ITの力で農業ビジネスを変える」6回シリーズ(その1)は、登壇者の自社事業の紹介です。Information×Technology×農業でどのような世界を作っていくのか、熱く語ります。ぜひご覧ください。
記事を読む