ヤフー – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】最高の成果を生み出すチーム作りの方法論(全10回)

2017年2月13日〜2月24日まで配信しました「最高の成果を生み出すチーム作りの方法論」の全シリーズをまとめました。ビジネス×スポーツ×宗教×科学の異色の組み合わせで議論しました。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】ヤフー安宅×コルク佐渡島、特別対談「AIと漫画の交差点」(全11回)

2017年9月25日〜10月10日まで配信しました「今、AIと漫画が熱い」の全シリーズをまとめました。データサイエンスや仮説思考のお話しから始まり、日本のグランドビジョン、人々の感動を呼ぶコンテンツ作りなど、様々なテーマに展開する貴重かつ刺激的な対談となりました。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【安宅×佐渡島】AIに漫画は作れるか?【終】【F17-5E #11】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その11)は、漫画を含めた”クリエイティブ”(創作活動)がAIにできるかどうかを議論しました。囲碁や将棋といったゲームを超え、AIが人々の創作を代替する時代はくるか?いよいよ最終回です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】新規事業を生み出す人材はどのように育成するのか?(全8回)

2017年9月25日〜10月4日まで配信しました「新規事業を生み出す人材はどのように育成するのか?」の全シリーズをまとめました。新規事業を次々と生み出す企業の経営者らが、新規事業人材に必要なマインドや力、育成のための会社の仕組みなどについて議論しました。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【安宅×佐渡島】作家ごとの世界観を創り上げたい(コルク佐渡島)【F17-5E #10】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その10)は、表現者とビジネスの関係性について議論しました。世界観を持ったビジネスの留意すべき点やその承継など、世界観ビジネスの要諦を考えられます。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【安宅×佐渡島】ビジネスの論理ではなく、好きなものを突き詰める【F17-5E #9】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その9)は、佐渡島さんが、「コルク」を経営する上で、大切にする組織や優先順位の在り方についてお話し頂きました。コルクが目指す企業としての在り方のロールモデルとは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

【終】「失敗し続けた社員がある日”超サイヤ人”になる」新規事業を任せる経営術【F17-4A #8】

「新規事業を生み出す人材はどのように育成するのか?」【F17-4A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、「新規事業をやり抜く胆力のある人材を育てるにはどうしたらよいか?」について議論しました。打席に立たせ続ける企業体力やモチベーションの引き出し方など、総合的な、締めに相応しい議論となりました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【安宅×佐渡島】サプライズが上手な人は、いいコンテンツを作れる(コルク佐渡島)【F17-5E #8】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その8)は、いいコンテンツの作り手になるための条件を議論しました。佐渡島さんが語る週刊少年ジャンプの課題など、大変興味深い議論です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

新規事業を任せる人材をどう選び抜くか?【F17-4A #7】

「新規事業を生み出す人材はどのように育成するのか?」【F17-4A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その7)は、新規事業を生み出す人材が持つ素質は社会人以降から後天的に身につくものなのか、議論しました。また、オイシックス高島さんからの質問「新規事業を任せる人材をどう選ぶか?」を議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【安宅×佐渡島】コルク佐渡島氏が挑む”感動のサイエンス”【F17-5E #7】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その7)は、人々の感動を生み出すことの再現性を議論します。佐渡島さんが『宇宙兄弟』のファンに向けて創った感動体験の仕掛けに注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【安宅×佐渡島】物語は波でできている – データ×編集のフロンティア【F17-5E #6】

「今、AIと漫画が熱い」【F17-5E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その6)は、人がモノやサービスを買うことにいかに納得するか、というビジネスの基本原則を議論しました。さらに、テクノロジーを活用した人間の感情分析について話が及びました。ぜひ御覧ください。
記事を読む