マネジメント – ページ 2 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

サイバーエージェント藤田氏から経営者として学んだこと(VOYAGE GROUP宇佐美)【F17-9B #5】

「事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?」【F17-9B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その5)は、企業内でのチャレンジを生み出しやすい組織づくりについて議論しました。VOYAGE GROUP 宇佐美さんが過去に役員を務めたサイバーエージェントでの学びにも注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

新規事業の撤退は失敗ではなく、ノウハウの獲得である【F17-9B #4】

「事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?」【F17-9B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、その3に引き続き、新規事業を生み出すプロセスのポイントを議論しました。Voyage Group で取り組む新規事業の打率と成功要因の分析が面白いです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

アドテクからお茶カフェまで!新規事業で人を育てるVOYAGE GROUP【F17-9B #3】

「事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?」【F17-9B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その3)は、VOYAGE GROUP宇佐美さんのご経験を中心に、新規事業の生み出し方を議論しました。VOYAGE GROUP社外取締役を務めるJapanTaxi川鍋さんから見たVOYAGE GROUPのお話も興味深いです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

旧態依然とした企業から新規事業を生み出すハードルとは?【F17-9B #2】

「事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?」【F17-9B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その2)は、JapanTaxi川鍋さんが、日本交通社内から取り組んできた新規事業の取り組みの成果と苦労をお話しいただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?【F17-9B #1】

「事業の柱となる新規事業をいかに生み出すか?」【F17-9B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)は、登壇者の自己紹介をいただきつつ、手がける新規事業の取り組みについてお話し頂きました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【終】「クラシル」「北欧、暮らしの道具店」「メルカリアッテ」が重視するKPIとは?【F17-8B #7】

「コミュニティの「世界観」をどう作り上げるのか?」【F17-8B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その7)は、会場からの質問を受け付け、「独自文化が新規参加者との壁を作る」ことや、各登壇者が注視するKPI(重要管理指標)などについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

熱狂的なユーザーが収益の大半を生み出す仕組みを作ろう【F17-8B #6】

「コミュニティの「世界観」をどう作り上げるのか?」【F17-8B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その6)は、サービスの売上を支えるヘビーユーザーをどう創るか?等を議論しました。コミュニティマネジメントがビジネスとなる為の素晴らしい議論です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ブランドの世界観の形成は体験の一貫性が重要【F17-8B #5】

「コミュニティの「世界観」をどう作り上げるのか?」【F17-8B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その5)は、オフラインのイベントの活用術と合わせて、世界観を具現化することのパワーとリスクを議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

合理性からかけ離れた”狂気”が企業の個性的なブランドをつくる【F17-8B #4】

「コミュニティの「世界観」をどう作り上げるのか?」【F17-8B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その4)は、ブランドを形成する行いとしての「狂気」について議論しました。ICC小林もよく「狂い足りない」と発言しております。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【終】尊敬し合える人と経営チームをつくろう【F17-8A #10】

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」【F17-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その10)は、各登壇者に経営チームの創り方について議論いたしました。最後は素晴らしいメッセージを頂きました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

「メディアの編集権をどのくらいユーザーに渡すか」が世界観を規定する【F17-8B #3】

「コミュニティの「世界観」をどう作り上げるのか?」【F17-8B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その3)は、メディアやサービスの性質からどういったコミュニティ形成のカタチがあり得るのか等を議論しました。示唆深い内容です。ぜひ御覧ください。
記事を読む