マネジメント – ページ 2 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

4. ポピンズ 轟氏が語る、同社初M&A案件の裏側

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その4)は、カリスマ創業者のもとで初めてのM&Aを行ったポピンズ轟氏が、決断の背景を語ります。川鍋さんが語る文化の異なる親会社・子会社とよい関係性を保つための施策、笹川さんが得た教訓も必読です。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. M&Aによって「人材を買う」という選択肢 − 老舗企業はベンチャー企業とどう付き合うべきか?

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その5)のテーマは、老舗企業のベンチャー企業との付き合い方。笹川さんが語る「老舗企業の考え方のクセ」は、ベンチャー企業によって改正できるとか。テック人材確保の難しさは共通の悩みのようです。ぜひご覧ください!
記事を読む

6.「出来上がりつつある城を壊し、そして離れる決断をする」 − オーナー企業が考えるべき組織の新陳代謝【終】

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その6)は、会場からのQ&A。組織の権限委譲のタイミング、新しい文化を浸透させるときの人材移動など、シビアな質問に登壇者が真正面から回答します。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 資本市場のプレイヤーの全体像とIRの基礎を解説!

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その1)では、資本市場のプレイヤーの全体像とIR活動について第一線で活躍するCFOとアナリストが解説します。ぜひご覧ください。
記事を読む

2. 証券アナリストはどのような基準でカバレッジしているのか?

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その2)は、証券アナリストのカバレッジについて。証券会社のアナリストは、どのような基準でカバレッジの対象を選んでいるのでしょうか。ぜひご覧ください。
記事を読む

3. アナリストの仕事 − 業績予想とバリュエーションを算出し、投資判断と目標株価を伝える

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その3)は、アナリストの仕事について。対象企業の業績予想とバリュエーションを丁寧に導き出し、目標株価と投資判断を伝えていく。そんなアナリストの投資家からの「評価」についても議論が広がります。ぜひご覧ください。
記事を読む

4. 機関投資家のタイプと投資戦略を徹底解説!

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その4)は、バイサイドの機関投資家について。ロングオンリー、ロングショートなど様々なトレード手法とロジックを持って資金を運用する機関投資家について解説します。ぜひご覧ください。
記事を読む

5. PER75倍でもサイバーエージェントは買い推奨、そのロジックとは?

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その5)は、サイバーエージェントのバリュエーションについて。PERは75倍と非常に割高に思えますが、それでも買い推奨のロジックがあります。年間200億円の赤字のAbemaTVをどのように評価しているのか? ぜひご覧ください。
記事を読む

6. リクルートHDのバリュエーション算出ロジック − Indeedの事業価値をどう評価するか?

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その6)は、リクルートホールディングスのバリュエーションについて。利益トレンドには変化がなく既存事業のカタリストも期待しにくい中、買収したIndeedの成長が今後の株価の推移のカギとなります。ぜひご覧ください。
記事を読む

7. IR活動の全体像を解説!

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その7)は、IR活動の全体像について。株主総会は必ず開かなければいけませんが、決算説明会は開くべきでしょうか?また、どうすれば決算説明会に多くの人が来てくれるのでしょうか? 議論をぜひご覧ください。
記事を読む

8.「投資家への発信」だけではなく「社内説明」にも力を入れよう

「LECTURE 今さら聞けない資本市場との向き合い方 / IRの実務」9回シリーズ(その8)は、様々なIR施策と、現場へのフィードバックについて。IRと言えば発信がメインですが、アイスタイルではよりよい発信をするために、外部からのフィードバックを現場層が受ける機会を設けているそうです。ぜひご覧ください。
記事を読む