スマートニュース | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

2. 動画コンテンツは、刈り取り型広告に対するデジタルメディアの救世主になりうるか?

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その2)は、動画メディアが着目される理由を「広告」の観点から迫ります。オープンエイトの高松さんは、刈り取り型広告が広まる中で動画は救世主の役割を果たした、と語ります。ぜひご覧ください。
記事を読む

3. 注目動画メディア「ルトロン」「DELISH KITCHEN」が掲げる“ユーザー・広告主との約束”

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その3)は、動画メディアにおけるブランディング広告の効果測定の話から、動画メディアは広告主・ユーザーと何を“約束”するのか?という話題へと広がります。ぜひご覧ください。
記事を読む

4. ブランディング広告は「コンテクストに沿ったコンテンツの配信」で価値が高まる

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その4)は、ブランディング広告の“コンテンツとしての価値”について。多くの広告はネットユーザーから「不要なもの」と捉えられがちですが、オープンエイトの高松さんは、その点をズバリと指摘します。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. Facebookのアルゴリズム変更は「ユーザー同士の対話を重視」− デジタルメディアとしてどう対処すべきか?

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その5)は、Facebookのアルゴリズム変更の背景がテーマです。「ユーザー同士の対話」を重視するアルゴリズムに対して、コンテンツ配信側はどう対処すればよいのでしょうか? ぜひご覧ください。
記事を読む

6. 動画メディアの役割は「購買促進」よりも「ファンづくり」?

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その6)は、動画メディアが担うべき役割について。オープンエイトの高松さんは「動画メディアに期待されているのは、最終的なアクションを促すことではない」と語ります。ぜひご覧ください。
記事を読む

7. 動画広告の指標として重要なのは「何回再生されたか」ではない!

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その7)は、動画広告や動画メディアの評価軸について。これから大切になる「質的な指標」とはどうのようなものでしょうか? Facebookが重視する3つの広告指標とあわせてぜひご注目ください。
記事を読む

8. 広告は「世界観をもったコンテンツ作り」に進化する【終】

「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(最終回)は、会場からの質疑応答です。世の中があらゆるメディアやコンテンツで溢れ返る中、広告の価値や在り方は今後どのように進化するのでしょうか? 登壇者からのメッセージをぜひご覧ください。
記事を読む

【一挙公開】新しすぎるアイデアが伝わると、事業が加速する(全5回)

あなたの企業は「伝える」ことは得意ですか? 事業開発において斬新なアイデア、ストーリー、プロダクトへの想いを、投資家やパートナー、そして顧客にどう伝えればいいのか? 電通と500 Startupsでベンチャー支援に携わるエキスパートたちが、ビジネスを加速させる最強のノウハウを語り尽くします!
記事を読む

1.スタートアップを支援する登壇者が「新しすぎるアイデア」の伝え方を徹底議論!

ICC FUKUOKA 2018「新しすぎるアイデアが伝わると、事業が加速する」セッションの書き起し記事をいよいよ公開!5回シリーズ(その1)では、登壇者4名の自己紹介からスタート。斬新なアイデア、ストーリー、プロダクトへの想いを、投資家やパートナー、そして顧客にどう伝えればいいのか? ベンチャー支援のエキスパートが、ビジネスを加速させる最強のノウハウを語り尽くします!
記事を読む

2.電通・500 Startupsによるスタートアップ支援の取り組みとは

「新しすぎるアイデアが伝わると、事業が加速する」5回シリーズ(その2)では、電通と500 Startups Japanがそれぞれどのようにスタートアップを支援しているのか、その取り組みを紹介します。電通の片山さん・鈴木さん、500の澤山さんのお話に、ぜひご注目ください。
記事を読む

3.「新しすぎるアイデア」を伝えるために留意すべき5つのポイント

「新しすぎるアイデアが伝わると、事業が加速する」5回シリーズ(その3)は、電通と500 Startups Japanの共同の取り組みから、ピッチや資金調達時のメッセージをどのように創ればいいのか、プロフェッショナルな考え方を伝授します。ぜひご覧ください。
記事を読む