坂本 達夫 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

【保存版】「SHOWROOM前田 × メルカリアッテ松本 – 注目の事業プロデューサー対談」(全9回)

2017年5月22日〜6月1日まで配信しました「SHOWROOM前田 × メルカリアッテ松本 - 注目の事業プロデューサー対談」の全シリーズをまとめました。SHOWROOM前田氏の処女作『人生の勝算』が出版されたことを記念し、SHOWROOM前田氏とソウゾウ(メルカリ子会社)松本氏の特別対談を再編集してお届けします。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】「今、モチベーションクラウドが熱い」

2017年4月17日〜4月28日まで配信しました「今、モチベーションクラウドが熱い」の全シリーズをまとめました。ぜひご覧いただければ。
記事を読む

【最終回】「30代で時価総額1兆円に挑戦する」SHOWROOM前田氏の大いなる野望【K16-6E #9】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事もいよいよ最終回!9回シリーズ(その9)は、ソウゾウ松本さんとSHOWROOM前田さんに、新規事業の面白さや今後の目標について語っていただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「自分が生きた証を刻むためにサービスを創る」SHOWROOM前田氏が語る”存在欲求”【K16-6E #8】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、ソウゾウ松本さんとSHOWROOM前田さんにプロデューサーという立場になったきっかけについて語っていただきました。前田さんの力強いメッセージは必見です。是非御覧ください。
記事を読む

誰かに語れる「ストーリー」がある人材ほど活躍する(SHOWROOM前田)【K16-6E #7】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その7)は、SHOWROOM前田さんとソウゾウ松本さんに、事業を立ち上げた後にスケールさせる段階の組織にどんな人材が必要か議論していただきました。是非御覧ください。
記事を読む

社内起業成功の為に親会社のリソースをどう使い倒すか【K16-6E #6】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)は、子会社が新規事業を立ち上げてスケールさせるメリットとデメリットについて議論しました。SHOWROOM前田さんが親会社DeNAのリソースをどう使い尽くしたかについてぶっちゃけています。是非御覧ください。
記事を読む

ユーザーインサイトをどう深掘るか?SHOWROOM前田・ソウゾウ松本が徹底議論【K16-6E #5】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、SHOWROOM前田さんとソウゾウ松本さんにそれぞれのユーザーインサイトの深堀り方についてお話頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

女性向けサービスを開発するためオネェと呼ばれるほど深堀りした(ソウゾウ松本)【K16-6E #4】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、ソウゾウ松本さんに「メルカリ アッテ」誕生の背景や、なぜ男性でありながら女性向けサービスのUXを考えられるのかについて語っていただきました。是非御覧ください。
記事を読む

SHOWROOM前田氏が出会った衝撃の投げ銭ビジネス「YY LIVE」とは?【K16-6E #3】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その3)は、SHOWROOM前田さんに中国で同種サービスを運営する「YY」に訪問して学んだことについてお話し頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

小学生で月10万円稼ぐ?SHOWROOM前田氏の原点となった弾き語り【K16-6E #2】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、SHOWROOM前田さんに小学6年生から始めた弾き語りがSHOWROOMを始めた背景となったお話について語っていただきました。是非御覧ください。
記事を読む

【新】SHOWROOM前田 × メルカリアッテ松本 – 注目の事業プロデューサー対談【K16-6E #1】

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、SHOWROOM前田さんにSHOWROOMを作るに至るまでの経緯についてお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む