ICC FUKUOKA 2017 – ページ 2 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

リアルテックファンドが千葉功太郎氏を必要とした理由とは?【F17-6F #5】

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)では、永田さんや丸さんが、なぜ千葉さんをリアルテックファンドに誘ったのかを語っていただきました。研究開発系ベンチャーがこれから成長するために、IT系の人材がどう関わればいいのかのヒントがある記事です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

千葉功太郎氏のリアルテックファンド参画につながる運命の出会い【F17-6F #4】

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、なぜ投資家の千葉さんがリアルテックファンドに参画したのかを、丸さん・永田さんとの出会いも振り返りながら語っていただきました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

なぜ今、研究開発ベンチャーに投資すべきなのか?(リバネス丸)【F17-6F #3】

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その3)では、リバネス丸さんになぜ今テック系ベンチャーに投資すべきなのか?について語っていただきました。ITベンチャー投資との違いなども注目しながら、ぜひ御覧ください。
記事を読む

技術愛から生まれた研究開発ベンチャーのための「リアルテックファンド」【F17-6F #2】

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)では、リアルテックファンドが既存ファンドと何が異なるのかについて議論しました。研究開発系ベンチャーの起業家とファンドが良好な関係を築くための秘訣とは?ぜひ御覧ください。
記事を読む

【新】「リアルテック」とは何か?-人類の進化に貢献する新技術【F17-6F #1】

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、「リアルテック」という造語にはどのような思いが込められているのか、リアルテックファンド誕生の背景には何があったのかについて主にユーグレナ永田さんからお話しいただきました。一言で内容を表すのならば、とにかく「アツい」です!ぜひ御覧ください。
記事を読む

【終】世界に展開するハードウェア・スタートアップの顧客サポート体制はどうあるべきか?【F17-8D #10】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その10)では、参加者からの質問を受けて、カスタマーサポートやハードウェア開発体制などについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップが活かすべき日本人の強みとは?【F17-8D #9】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その9)では、登壇各社の10年後の戦略や、日本及び日本人がハードウェア開発で生かせる強みについて議論しました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップの差別化戦略とは?【F17-8D #8】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その8)では、登壇している各社の差別化ポイントはどこにあるのか、について議論しました。特許つきの技術に強みをもつ会社もあれば、技術に強みはないと語る会社もあって、勉強になります。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェアの開発・販売中止を判断するためのマネジメント術【F17-8D #7】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その7)では、どのような判断軸、スピード感で開発や販売を中止するのか、について議論しました。中止されたプロジェクトメンバーのモチベーション管理方法まで話が及びます。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ハードウェア・スタートアップの製品開発に適したPDCAとは?【F17-8D #6】

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その6)では、製作するハードウェアのテーマの決め方・PDCAの回し方について議論しました。各社それぞれの流儀があり興味深いです。ぜひ御覧ください。
記事を読む