JapanTaxi – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】革新を続ける創業経営とは何か?(全6回)

成長を続けるオーナー企業経営者、JapanTaxi 川鍋一朗氏、ナスタ笹川順平氏、ポピンズ轟麻衣子氏が、「創業経営」の要諦を語ったセッション。創業経営者が大きな意思決定権を持つことのメリット・デメリット、M&Aした企業との文化的摩擦、オーナー企業における「組織の新陳代謝」の悩みなど、プロノバ岡島氏のモデレーションのもと、貴重な話題が飛び交います。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 成長を続けるオーナー企業経営者が「創業経営」の要諦を徹底議論!

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その1)は、「1代目ではないオーナー経営者」であるJapan Taxi 川鍋氏、ナスタ笹川氏、ポピンズ轟氏、そしてモデレーターの岡島氏による自己紹介です。ぜひご覧ください!
記事を読む

2.「日本交通とJapanTaxiは“親と子”の関係」− 川鍋氏が語るイノベーションのジレンマ

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その2)は、Japan Taxi 川鍋氏は経営トップの意思決定について。3代目として事業を引き継いだときに受けた期待と失望、「日本交通」と「JapanTaxi」の住み分けなど、赤裸々に語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. ナスタ 笹川氏が語る、“非”創業家オーナー社長としての覚悟

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その3)は、ナスタ笹川氏が、家業の日本財団ではなくナスタへのフルコミットを示した決断について説明します。オーナーに徹するか、経営者も兼ねるかという議論では、それぞれのメリット・デメリットも語られます。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. ポピンズ 轟氏が語る、同社初M&A案件の裏側

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その4)は、カリスマ創業者のもとで初めてのM&Aを行ったポピンズ轟氏が、決断の背景を語ります。川鍋さんが語る文化の異なる親会社・子会社とよい関係性を保つための施策、笹川さんが得た教訓も必読です。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. M&Aによって「人材を買う」という選択肢 − 老舗企業はベンチャー企業とどう付き合うべきか?

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その5)のテーマは、老舗企業のベンチャー企業との付き合い方。笹川さんが語る「老舗企業の考え方のクセ」は、ベンチャー企業によって改正できるとか。テック人材確保の難しさは共通の悩みのようです。ぜひご覧ください!
記事を読む

6.「出来上がりつつある城を壊し、そして離れる決断をする」 − オーナー企業が考えるべき組織の新陳代謝【終】

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その6)は、会場からのQ&A。組織の権限委譲のタイミング、新しい文化を浸透させるときの人材移動など、シビアな質問に登壇者が真正面から回答します。ぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?(全8回)

テクノロジーの進化とともに、世界中で次々と新しいモビリティサービスが生まれるなか、キーマンたちが注目しているものとは何か? その現状と課題、未来図について、語り尽くすセッション「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」を公開です。従来の手法にないサービスや展開を試みるときに、壁となるものとは?新しいモビリティサービスがもたらす社会の変化とは?社会課題を解決するサービスを創り出す視点が伝わる討論です。ぜひご覧ください!
記事を読む

1.モバイルビジネス、プロダクトサービス創りに携わる登壇者が徹底議論!

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)は登壇者の自己紹介です。当時ヤフーの村上さん、当時ソウゾウ(メルカリ)の松本さん、ナビタイムの菊池さん、JapanTaxiの岩田さんに、携わっている業務についてお話しいただきました。ぜひご覧ください。
記事を読む

2.モバイルビジネスのキーマンたちが「Mobike」に注目する理由とは?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その2)は、登壇者の方々が、自身のサービス以外で注目しているサービスと、その理由について紹介します。是非御覧ください。
記事を読む

3.モビリティサービス最前線 – 「移動データ」にビジネスチャンスあり

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その3)は、バスやタクシーなどの移動サービスについて。自動運転技術の現在地点や、移動にまつわる情報、従来のサービスの未来像について議論します。是非御覧ください。
記事を読む