ラクスル | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION - Part 2

3.「社内ブログ」を採用活動の武器にするには

「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」全7回シリーズの(その3)では、サイバーエージェントやメルカリの事例をもとに、いわゆる“社内ブログ”の採用活動への活用を議論します。社内ブログを社外に公開するリスクとは? 社内ブログのROIを追うべきか? ぜひご覧ください!
記事を読む

4. 企業は、採用ポジションごとの職務記述書(ジョブディスクリプション)をしっかり準備しよう

「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」全7回シリーズの(その4)では、求人募集におけるジョブディスクリプション(職務記述書)の重要性を議論します。求人票とは何が違うの? なぜ必要なの? という方は必読です。ぜひご覧ください!
記事を読む

5.「退職エントリ」で打撃を受ける前に企業がするべきこと

「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」全7回シリーズの(その5)は、採用活動におけるソーシャルメディア(SNS)の考え方を議論します。採用候補者はSNSをどのように見ているのか? 企業は「◯◯社を退職しました」などの“退職エントリ”にどのように向き合うべきなのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

6. 採用担当者にも「Googleアナリティクス」運用スキルが求められる時代

「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」全7回シリーズの(その6)は、会場からの質疑応答です。Indeedの調査によると、求職者の実に8割が、検討先企業のオウンドメディアを訪問しているとのこと。企業側はコンテンツを提供するだけでなく、採用担当者がGoogleアナリティクスを運用しなければいけない時代です。ぜひご覧ください!
記事を読む

7.「良い採用担当者」を採用するための秘訣とは【終】

「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」全7回シリーズの(最終回)。引き続き、会場からの質問に登壇者が答えます。オウンドメディアにおける「適時情報開示」の作法とは? 人材エージェントへの依存度は今後どう変わる? そして「良い採用担当者」を採用するための秘訣とは? 最後までぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?(全7回)

ICCサミット FUKUOKA 2019のセッション「経営課題を解決する、オウンドメディアリクルーティングとは?」の書き起こし記事を全7回シリーズでお届けします。Indeedの調査によると、求職者の実に8割が、検討先企業のオウンドメディアを訪問しているとのこと。採用活動において、リアルな接点以外の活用が求められる今、企業は何を心がけ、どんなメディア運営をするべきなのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

LEXUS宮田工場見学ツアー&福岡天神Garraway Fで語られた「CRAFTEDな考え方」とは?【活動レポート】

昨年12月、私たちICCパートナーズは次のICCサミット開催地、福岡を訪問しました。その目的は、登壇企業の皆さまや運営チームメンバーと共に行く「LEXUS宮田工場見学ツアー」と、次回サミットのパーティ会場となる天神「Garraway F」でのイベント開催です。LEXUSブランドを体現する“CRAFTED”を体感するとともに、福岡の魅力を再発見するツアーになりました。本レポートでは、2日間にわたる今回の福岡出張の模様をお届けします。
記事を読む

1. 徹底議論!なぜ今、経営者が「アート」を学ぶべきなのか?

ICCサミット FUKUOKA 2019の好評セッション「教えてほしい!経営とアート」を全6回シリーズでお届けします。(その1)は、登壇者の自己紹介からスタートです。なぜ今、経営者がアートを学ぶ必要があるのか? どうすれば、企業経営にアートを活かせるのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

2. GO三浦さんが語る「企業や経営者がアートを購入するべき3つの理由」

「教えてほしい!経営とアート」6回シリーズ(その2)は「アートの購入」がテーマです。六本木の新オフィスでも複数のアートを購入したというGO三浦さんは、企業や経営者がアートを購入するメリットは3つのあると語ります。あなたのオフィスでも、アートを買いたくなるかも? ぜひご覧ください!
記事を読む

3.「ビジョン、仲間、お金、新たな問立て、新たな表現…」実はこんなにも似ている“起業家”と“アーティスト”

「教えてほしい!経営とアート」6回シリーズ(その3)では、オフィスにアートを飾るべき理由について、ラクスルCEOの松本さんが解説します。ちなみに松本さんは、会社のお金ではなく個人で購入したアートを飾っているのだそうです。その理由とあわせて、ぜひご覧ください!
記事を読む