ICC KYOTO 2017 – ページ 2 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

3. 居場所とは、“用がなくても、そこに居てもいい”ということ(ロボット研究者・吉藤オリィ)

「コミュニケーション型ハードウェア/サービスは今後どう進化するのか?」7回シリーズ(その3)は、Part2とは逆に、各社の共通点について語ります。特別な内容のない、意味の薄いコミュニケーションこそ距離感の近い証で、スマホではないデバイスのほうがそういったコミュニケーションを共有しやすいそうです。その理由とは?ぜひご覧ください!
記事を読む

4. 生身の人には心を閉ざし、分身ロボット「OriHime」には心を開く高齢者

「コミュニケーション型ハードウェア/サービスは今後どう進化するのか?」7回シリーズ(その4)は、ハードウェアの存在がもたらす、コミュニケーションの増加について。子どもに対する親の関与度が上がったり、心を閉ざした高齢者に効果が出ているそうです。博報堂小野さんが語る行動心理学の興味深いエピソードもあります。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. Google Home、Amazon Echo、LINE Clovaなどのスマートスピーカーは本当に“スマート”なのか?

「コミュニケーション型ハードウェア/サービスは今後どう進化するのか?」7回シリーズ(その5)は、群雄割拠するスマートスピーカーについて。一体何の課題を解決するものなのか、またはプラットフォームに過ぎないのか?登壇者たちが作るハードウェアとの住み分けは? 興味深いトピックが目白押しの討論です。ぜひご覧ください!
記事を読む

6. なぜ「まごチャンネル」は“箱型”ではなく“家の形”をしているのか?

「コミュニケーション型ハードウェア/サービスは今後どう進化するのか?」7回シリーズ(その6)は、単機能だからこそこだわることのできる、ハードウェアの外見について。デジタルデバイスに込めた作り手の想いを、ぜひご覧ください!
記事を読む

7. 情報だけではなく「感情・体験」を伝えるインターネット時代になる【終】

「コミュニケーション型ハードウェア/サービスは今後どう進化するのか?」7回シリーズ(その7)は最終回。家庭用ではなく、公共の場でのコミュニケーションツールの可能性という問いに、登壇者が回答します。オリィ吉藤さんが考える将来のインターネットの価値について、皆さんはどう考えますか?ぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】革新を続ける創業経営とは何か?(全6回)

成長を続けるオーナー企業経営者、JapanTaxi 川鍋一朗氏、ナスタ笹川順平氏、ポピンズ轟麻衣子氏が、「創業経営」の要諦を語ったセッション。創業経営者が大きな意思決定権を持つことのメリット・デメリット、M&Aした企業との文化的摩擦、オーナー企業における「組織の新陳代謝」の悩みなど、プロノバ岡島氏のモデレーションのもと、貴重な話題が飛び交います。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 成長を続けるオーナー企業経営者が「創業経営」の要諦を徹底議論!

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その1)は、「1代目ではないオーナー経営者」であるJapan Taxi 川鍋氏、ナスタ笹川氏、ポピンズ轟氏、そしてモデレーターの岡島氏による自己紹介です。ぜひご覧ください!
記事を読む

2.「日本交通とJapanTaxiは“親と子”の関係」− 川鍋氏が語るイノベーションのジレンマ

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その2)は、Japan Taxi 川鍋氏は経営トップの意思決定について。3代目として事業を引き継いだときに受けた期待と失望、「日本交通」と「JapanTaxi」の住み分けなど、赤裸々に語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. ナスタ 笹川氏が語る、“非”創業家オーナー社長としての覚悟

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その3)は、ナスタ笹川氏が、家業の日本財団ではなくナスタへのフルコミットを示した決断について説明します。オーナーに徹するか、経営者も兼ねるかという議論では、それぞれのメリット・デメリットも語られます。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. ポピンズ 轟氏が語る、同社初M&A案件の裏側

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その4)は、カリスマ創業者のもとで初めてのM&Aを行ったポピンズ轟氏が、決断の背景を語ります。川鍋さんが語る文化の異なる親会社・子会社とよい関係性を保つための施策、笹川さんが得た教訓も必読です。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. M&Aによって「人材を買う」という選択肢 − 老舗企業はベンチャー企業とどう付き合うべきか?

「革新を続ける創業経営とは何か?」6回シリーズ(その5)のテーマは、老舗企業のベンチャー企業との付き合い方。笹川さんが語る「老舗企業の考え方のクセ」は、ベンチャー企業によって改正できるとか。テック人材確保の難しさは共通の悩みのようです。ぜひご覧ください!
記事を読む