ICC KYOTO 2017 – ページ 2 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

2. リクルートが継続的な成長を続けている秘密とは?

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その2)は、リンクアンドモチベーションの麻野さんが、提唱する「5M」のフレームワークでリクルートの組織を分析・説明頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

3. 組織が拡大していくとき、いかに個人の熱量を維持するか【VOYAGE GROUPの事例】

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その3)は、2017年「働きがいのある会社」1位に選ばれたVOYAGE GROUPの宇佐美さんが直面した組織の危機、それをどう解決していったかについて具体的に語ります。是非御覧ください。
記事を読む

4. 目標設計と適材適所が成長するための組織文化改革の鍵

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その4)は、セプテーニグループの石井さんが、事業を変化、成長させていくなかでの組織文化について、シーエー・モバイルの石井さんが、人材配置の観点から成長するための組織改革を語ります。是非御覧ください。
記事を読む

5. 変化に適応する組織作りには「社内発信」「権限委譲」「当事者意識」が大切

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その5)は、環境変化にいかに組織が素早く適応するかについて討論。それぞれの企業が具体的に行っている施策について紹介します。トップ自らの姿勢が、組織に波及した例もあるそうです。是非御覧ください。
記事を読む

6. 「Sクラス人材」「尖った問題児」をどう組織に引きつけるか?

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その6)のテーマは、人材について。Sクラス人材の獲得や採用で心がけていることや、経営人材となりえる「現場の尖った問題児」をどう留めるかについて議論します。是非御覧ください。
記事を読む

7. 日常の言動に文化が現れるような、組織文化を広める取り組みとは?【終】

「成長し続ける組織文化・採用を徹底議論」7回シリーズ(その7)は、文化を広めるときの取り組みや、「問題児」への対応など、会場からのQ&Aに登壇者が回答します。是非御覧ください。
記事を読む

【一挙公開】モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?(全8回)

テクノロジーの進化とともに、世界中で次々と新しいモビリティサービスが生まれるなか、キーマンたちが注目しているものとは何か? その現状と課題、未来図について、語り尽くすセッション「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」を公開です。従来の手法にないサービスや展開を試みるときに、壁となるものとは?新しいモビリティサービスがもたらす社会の変化とは?社会課題を解決するサービスを創り出す視点が伝わる討論です。ぜひご覧ください!
記事を読む

1.モバイルビジネス、プロダクトサービス創りに携わる登壇者が徹底議論!

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その1)は登壇者の自己紹介です。当時ヤフーの村上さん、当時ソウゾウ(メルカリ)の松本さん、ナビタイムの菊池さん、JapanTaxiの岩田さんに、携わっている業務についてお話しいただきました。ぜひご覧ください。
記事を読む

2.モバイルビジネスのキーマンたちが「Mobike」に注目する理由とは?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その2)は、登壇者の方々が、自身のサービス以外で注目しているサービスと、その理由について紹介します。是非御覧ください。
記事を読む

3.モビリティサービス最前線 – 「移動データ」にビジネスチャンスあり

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その3)は、バスやタクシーなどの移動サービスについて。自動運転技術の現在地点や、移動にまつわる情報、従来のサービスの未来像について議論します。是非御覧ください。
記事を読む

4.メルカリがメディア機能を持たずに、タッチポイントを増やす施策とは?

「モバイル・プロダクトサービスは今後どう進化するのか?」8回シリーズ(その4)は、どのようにしてユーザーとの接点を増やすかについての議論です。ソウゾウ松本さんが説明する、メルカリがメディア事業をしない理由や、ソウゾウの3つのサービスが異なる目的を担っていることなど必見の内容です。是非御覧ください。
記事を読む