【一挙公開】「サステナブル」「ダイバーシティ」はマーケティングのメインストリームになるのか?(全8回)

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

SDGs、サステナブル、ダイバーシティなどなど、言われるようになって久しいですが、以前からそれを事業の中心に据え取り組んできた企業が集結して議論したICC FUKUOKA 2022のセッション書き起こし記事が登場です。ユーグレナ工藤 萌さん、KAPOK JAPAN深井 喜翔さん、ヘラルボニー松田 文登さん、レノボジャパンリュウ シーチャウさん、マザーハウス山崎 大祐さんが事業を通じて社会に伝えようとしていることとは? そして彼らが感じる社会の変化とは? ぜひご覧ください!


【登壇者情報】
2022年2月14〜17日開催
ICCサミット FUKUOKA 2022
Session 4F
「サステナブル」「ダイバーシティ」はマーケティングのメインストリームになるのか?
Supported by リブ・コンサルティング

(スピーカー)

工藤 萌
株式会社ユーグレナ
執行役員 ユーグレナヘルスケアカンパニー Co-カンパニー長

深井 喜翔
KAPOK JAPAN株式会社
代表取締役

松田 文登
株式会社ヘラルボニー
代表取締役副社長

リュウ シーチャウ
レノボジャパン合同会社
CMO マーケティング統括本部 統括本部長 / NECパーソナルコンピュータ株式会社 コンシューマ事業本部 マーケティング部長

(モデレーター)

山崎 大祐
株式会社マザーハウス
代表取締役副社長

1.「サステナブル」「ダイバーシティ」で社会に挑む企業が集結、事業を語る

あわせて読みたい
1.「サステナブル」「ダイバーシティ」で社会に挑む企業が集結、事業を語る ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の①は、スピーカーの紹介です。モデレーターを務めるマザーハウスの山崎 大祐さん、ユーグレナの工藤 萌さん、KAPOK JAPNの深井 喜翔さんによる事業の紹介です。ぜひご覧ください!

2.「異彩」を社会に放ち、新たな文化を生み出すヘラルボニー

あわせて読みたい
2.「異彩」を社会に放ち、新たな文化を生み出すヘラルボニー ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の②は、ヘラルボニーの松田 文登さんと、レノボジャパンのリュウ シーチャウさんが登場。注目を集めるヘラルボニーの取り組みと、大企業であるレノボがマーケティングにおいて「サステナブル」と「ダイバーシティ」をいかに捉えているかが語られます。ぜひご覧ください!

3.ユーグレナ、KAPOK KNOT、ヘラルボニー…今、注目を集めるSDGsに注力する事業

あわせて読みたい
3.ユーグレナ、KAPOK KNOT、ヘラルボニー…今、注目を集めるSDGsに注力する事業 ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の③は、社会性をもった事業を伝えるときに留意していることや、その難しさを語ります。一方レノボはお客様からSDGsなどの取り組みを尋ねられるようになり、ビジネス上の変化を感じているそう。国内ブランド初として注目されるKAPOK KNOTのカーボンフットプリント公開についても紹介されます。ぜひご覧ください!

4.中古・回収素材のリメイクバックを選んで買う若い世代(マザーハウス山崎さん)

あわせて読みたい
4.中古・回収素材のリメイクバックを選んで買う若い世代(マザーハウス山崎さん) ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の④は、マザーハウスの取り組みについてす。コロナ禍をチャンスととらえ、赤字覚悟でスタートしたアップサイクルのブランドは、普段の顧客層よりも若い20〜30代を中心に売れたといいます。そのプロジェクトに込めた想いとは? ぜひご覧ください!

5.マイノリティ側からマスカルチャーに訴えるヘラルボニーの意見広告

あわせて読みたい
5.マイノリティ側からマスカルチャーに訴えるヘラルボニーの意見広告 ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の⑤は、2020年に話題を集めたヘラルボニーの意見広告について紹介します。いかに問題提起になるアクションを考え、国会議事堂の弁護士会館の前に掲出するに至ったのか、その裏側を松田さんが語ります。ぜひご覧ください!

6.18歳以下のCFOや、自治体との取り組みでユーグレナが目指すサステナビリティ

あわせて読みたい
6.18歳以下のCFOや、自治体との取り組みでユーグレナが目指すサステナビリティ ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の⑥は、ユーグレナの工藤さんが、18歳以下のCFOによって生まれた意識の変化や、戸田市をサステナブルシティにするプロジェクトについて紹介。正しい取り組みであっても、企業としてはいかにしてKPIを定めるのかなど、気になるトピックが議論されます。ぜひご覧ください!

7.大企業で号令化するSDGs、レノボが”隠れESGを探せ”キャンペーンで得た手応え

あわせて読みたい
7.大企業で号令化するSDGs、レノボが”隠れESGを探せ”キャンペーンで得た手応え ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の⑦は、レノボの取り組みについて議論します。大企業としてはSDGsやESGは当然のこととして求められるという昨今、まだ生活者とは意識のずれがあり、それをマーケティングによって”自分ごとにする”施策を紹介します。ぜひご覧ください!

8.消費が減少していく時代に、選ばれるものとは何か? 事業を通じて提供できる価値を表現しよう!

あわせて読みたい
8.消費が減少していく時代に、選ばれるものとは何か? 事業を通じて提供できる価値を表現しよう!【終】 ICC FUKUOKA 2022のセッション「『サステナブル』『ダイバーシティ』はマーケティングのメインストリームになるのか?」、全8回の最終回は、スピーカーたちの感じている課題について議論。ものを買わないこと=サステナビリティという価値観について議論します。物を作って売る企業として、何を大切にしなければいけないのか? 最後まで読み応えのある議論が続きます。ぜひご覧ください!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成/大塚 幸

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICCサミットとは?

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは、公式ページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!